乳酸菌の種類は?

乳酸菌の種類は?

便秘対策に、良質な乳酸菌が
たっぷり含まれたヨーグルトを食べるのは、良い方法ですね。

 

ところで、乳酸菌には、さまざまな種類があることについて、ご存知でしょうか。

 

ビフィズス菌は、乳酸菌の代表格と言ってもよいほどで、
この他にはヤクルト菌、LG21、植物性乳酸菌、コッカス菌、L29乳酸菌、L-92乳酸菌、クレモリス菌、ラブレ菌など、
さまざまな種類のものが存在しています。

 

乳酸菌がたっぷり含まれたヨーグルトを摂取することで、
腸内に善玉菌をたくさん増やして、悪玉菌を減らして、
便秘の予防・改善対策になることはもちろん、

 

腸内環境が良好に保たれることによって、
花粉症などの予防対策にも良いと言われていますね。

 

LG21は、胃潰瘍の原因菌のひとつとされるピロリ菌に対する
働きについて、知られるようになりました。

乳酸菌に期待される作用

便秘対策に乳酸菌が良いと言われている理由、
それは単に悪玉菌を減らして善玉菌を腸内に増やすだけではなく、

 

腸内環境を良好に保つことによって、腸の腐敗そのものを
抑える作用が期待されていることにあります。

 

ただし、乳酸菌が便秘の予防・改善に良いからといっても、
摂取量が少ない場合、または摂取する頻度が低い場合は、
それほど高い作用は期待されないこともあります。

 

乳酸菌を摂取しても、いつまでも腸内に長い時間に渡り、
とどまることができないため、しばらくすると、また悪玉菌が増えてきますので、
できれば毎日少量ずつでも乳酸菌をこまめに摂取するのがベストでしょう。

 

乳酸菌に期待される作用は、
便秘の予防・改善、下痢やがん、老化などを防ぐ作用
そして女性にとっては美肌作りにも良いということで期待されていますね。


このページの先頭へ戻る