便秘を治したい人の為の便秘サプリと解消方法

便秘とは?

今や、女性の体の悩みでもっとも多いのが便秘と言われているほどで、便秘とは腸の中に便が長期間に渡り、たまった状態のことを指します。

 

通常は、1日1回以上、排便があるのが当然のことですが、食事をして1日、2日以上経過してもまったくでない場合、もしくは排便されても、その量がごく少量であり、なんとなくおなかがスッキリしない状態や、おなかが張る場合は、便秘と判断して良いでしょう。

 

便秘は、腸の中に便がたまるわけですから、それが頻繁に起こると、腸内環境に悪影響を及ぼすことになります。腸の中には、善玉菌などの良い細菌が存在していますが、便秘になると、便がエサとなり、腸内にさまざまな悪玉菌が増える原因となります。

 

(関連サイト)生きたまま腸に届くアシドフィルス菌

 

腸内で有害な物質が発生する原因となり、大腸がんなどの病気を引き起こす原因となりますので、便秘は早めに改善すること、そして予防対策をとることが必要ですね。


便秘とダイエット

便秘体質だから、できるだけ食事を少なめにして、食べる量を減らす人もいるようですが、かえって便秘体質を引き起こす原因になることがあります。食事の量を減らしたり、食事の回数を減らすことによって、胃腸に適度な刺激がなくなり、便の材料が不足すると排便自体がしにくくなります。

 

たとえば、朝食を抜いたり、お昼や夕方に食べる量を減らすというような食生活を続けていると、便の材料が不足してしまうため、便秘体質を作り上げてしまうことになります。自分では、ダイエットをしているつもりでも、腸内環境に悪影響を及ぼすことになります。

 

腸内環境を良くするには、毎日規則正しい時間に食事をすること、睡眠不足にならないように、早寝早起きをすることです。

便秘対策の注意点

便秘でお悩みの方の中には、市販の便秘薬を服用する人もいるようですが、薬を服用する場合には、飲む回数や量など、正しい服用の方法で行うように心がけましょう。とくに、便秘が慢性化している場合、便秘薬を長期連用してはいけません。

 

便秘薬にばかり頼っていると、薬を飲まないと自然なお通じが促されにくくなることもあります。とくに、高齢者の方は、市販の便秘薬や医師から処方される下剤などを連用していると、だんだん効き目が少なくなることがあります。

 

医師から処方される便秘薬を飲む際に、体質に合わない場合、便秘薬を飲んでいてかえって症状が悪化したなど、なんらかの異常がみられる場合は、すぐに使用を中止して、医師に相談しましょう。

 

便秘薬に依存するのではなく、便秘サプリメントを利用したり、適度に運動や体操を取り入れたり、ふだんから野菜や果物など、食物繊維やビタミン、ミネラルなどの栄養素をバランス良く摂取するように心がけましょう。

 

便秘サプリメントの一覧はこちらから
http://xn--y8jvczlyexdt86tpmedo5g.jp/

更新履歴


このページの先頭へ戻る